TOP

 E-mail:質問・疑問

このコーナーでは皆様からの質問・疑問にお答えします。本来は「掲示板」でリアルタイムにお答えできればよいのですが、なんせ少人数でやっておりますんで・・・。お気軽にご質問ください、そしてもし良かったらそのやり取りをこのページに掲載させていただけると、同じような悩みを持つ方のお役に立てると考えております。

 
Q フィアットx1/9 (80年、北米仕様)に乗っています。

 先日、キャブを標準仕様のDHTAから40DCNFツインに換装したところ、異音がでるようになりました。具体的な症状は次のようなものです。

進角用の負圧チューブをインマニ(アルカッティー)からデスビにつないだところ、デスビからカチカチという異音がでます。また、負圧のチューブを外した場合でも回転を上げると、やはりカタカタと何かを叩くような音がでます。(発生位置は不明) ただし、アクセルを戻した時には聞こえません。

異音の原因と対策を教えていただけないでしょうか?
 
A デストリビューターの中のカウンターウェイト(遠心ガバナー)のスプリングやピンの外れが原因と考えられます。回転があがったときに遠心力でケースに接触して異音が発生していると考えられます。

Q

LANCIA Thema 8.32 sr2 に乗ってます。

ドアミラーの鏡の部分だけ交換したいのですが、ドアミラーはASSYでしか出てこない(5万円)といわれてしまいました。ミラーの部分だけ部品としては出てこないのですか?また社外品で何かありませんか?


A

ドアミラーガラスは熱線付の純正品で左:12,500円、右:12,500円になっております。社外品はたしかイタリアにあったと思ったのですが、詳しいことがわかったらまた報告させていただきます。もしご自分で交換にチャレンジなさるなら、内装をかなり剥がさなければならないので覚悟のうえ(笑)挑戦してみてください。

Q

LANCIA Thema 3.0 V6に乗っています。

先日、車をこすってしまいタッチアップペイントを塗りたいのですが、純正品が入っておりません。入手可能でしょうか?


A

入手可能です。まずお車のカラーコードを調べてもらって、(一般的にトランクの中に有ります)書き写して純正パーツの問合せフォームに書き添えて送信してください。ちなみにcolor name : Grigio Menphis M.S、 color code :637で 2,800円になります。

Q

LANCIA DEDRAに乗ってます。

先日、車を発進させようとキーをひねり、クラッチを切ると(踏むと)エンジンがストールしてしまうようになりました。アイドリングでは問題なくエンジンは回るのですが、どこがおかしいのでしょうか?


A

アイドル回転状態でクラッチペダルを踏んだ時にエンストするのは、クラッチ・レリーズベアリングが固着している時に発生する典型的なトラブル症状です。この状態に陥る前にクラッチペダルを踏むと「アイドル回転数が少し下がる」とか「異音が発生する」とか、前兆があったはずです。この前兆にきずかず、ベアリングが完全に固着してしまったら、クラッチを踏まないでシフトチェンジを行うなどウルトラテクを発揮しなければならなくなります(笑)ベアリングの交換だけで直る場合もありますが、いっしょにクラッチ交換をした方が良いと思います。

 


 

Q

現在 1987年式FIAT X1/9 1500CC インジョクションに乗っております。このタイプでのロム交換はメリットありますでしょうか?車自体、特に変更した所はありません。強いて言えばIGコイル・コード・プラグ程度です。
 
 

A

X1/9についてはロム交換を行うよりもインジェクションをキャブに換装するほうが体感的にも又コストパフォーマンスの面からも良いと思われます。
DCNF40ツインキャブのキットやノーマルキャブキットが存在しますのでそれを装着して改造申請/構造変更すれば普通に車検も問題なく受けられます。

 

Q

はじめまして。

昨年末から、164Super24V(AT)に乗っている者です。

さて、早速ですがミッションの加熱の表示が発生(スピードメータの下)し、突然 2速にホールドされた状態になりました。

エンジンを停止した状態で車中で待つこと3時間、表示も消えシフトアップも可能となりました。

ミッションオイル等点検しましたが、異常ありませんでした。発生したのが高速道路だったため非常に不安です。

原因と対応策等教えてください。

 

A

早速ですが

まず考えられる原因は

1.オイルクーラーのクーリングファンの不作動

2.ミッションオイルの劣化

3.電子制御系

4.ミッション本体

チェックすべき事項

1.ミッションオイルクーラーのファンの作動を確認する。

2.現在入っているATFは何キロ前に交換されているのかの確認(交換次期にきていれ ば指定のモノに交換してください)

それでもワーニングが点灯するようでしたら、本体か制御系のトラブルと思われます。

補足:AT2速ホールドの状態は、ATになんらかの不具合が起きたとき、何とか目的地までたどり着けるようにしている状態です。

 
 

| HOME|CAR SALE|PARTS|REPAIR| ORDERING| WEB magazine & BBS| LINKS|

Copyright(c) COCO MOTORS inc. All rights reserved.
E-mail:  webmaster@leaves-corp.co.jp